<< プチ復活。 | main | 夏の思い出2008…を振り返る。 >>
2010.07.10 Saturday

CHARTREUSE.

0
    38℃の熱を4日間。
    飲んだ薬は数知れず。

    5日目の朝に注射2本目を射ち出勤。
    朦朧としながら仕事し、仕事後はカフェオーナー+某雑誌社社長を交えてのミーティング。

    このミーティングはかなり有意義だった。
    有名カフェオーナーたちと本音トーク。
    オークス界隈をカフェエリアとして…

    で、この日記の本題に戻す。

    そのオーナーミーティングの後は、店で作業し帰る予定。
    だったのだが…

    悪魔的な友が福岡から帰熊し、lenteにいるとつぶやいてる…

    一応寄るか…的な感じで寄ったが最後。
    帰れまてん。

    朦朧としながら、咳き込みつつ、オーダーしたのは「CHARTREUSE」のトニック割り。

    味も色も好きなカクテルの一つ。

    このフランス産のリキュール、背景も面白いんです。

    --

    *以下、ウィキペディアより

    シャルトリューズの製造の歴史は古く、不老不死の霊薬として1605年にカルトジオ会で解読(作成?)された処方がフランス王アンリ4世の式部官であったマレシャレ・デストレに奉げられ、1764年にシャルトルーズ修道院に渡り、1767年に製造がはじまったとされる。これに更に神父ジェローム・モベックが注釈をつけた処方が現在のヴェール(緑)の製造法の原型であり、さらにその後1838年になって、神父プルーノ・ジャケによってジョーヌ(黄)の処方が作成された。

    1970年以降は民間企業で製造されるようになったが、その詳細な製造法は、現在でもシャルトルーズ修道院の修道士3人のみが知る秘伝となっている。ブランデーをベースとして、アンゼリカ(セイヨウトウキ)、クローブ、コリアンダーをはじめとする130種類のハーブを加え、5回の浸漬と4回の蒸留を経て調製されるということだけが公開されている。

    --

    ボクはジョーヌ(黄)が好みですが、さすが薬草系リキュール「エリクサー」。

    今朝のボクの体温、36.6℃。はい、平熱です。

    酒は百薬の長。
    誰が言ったかはぁー知りませんが…おっしゃるとおり!

    シャルトリューズ

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック


    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM