<< 当たり前のことを当たり前に考える。 | main | 勉強すればするほど、 >>
2011.03.07 Monday

リアルな数字。

0
    ブログをtwitterと連動しているので、前回のブログアップ後にすぐにリプライやDMをいただきました。
    ありがとうございます!
    で、皆様からいただいた質問のほとんどが「具体的にはいくらぐらい?」ってことでした。
    毎月支払う保険料は年齢で変わってくるのでボクの場合を例に。
    (恥ずかしながらボク、実は33歳っす)


    今日はボクが一番大切と感じている医療保険を。

    今、入院したら1日いくらぐらいかかるかご存知ですか?
    つい最近、妻と息子が入院したので(ウイルス性胃腸炎)かなり具体的に覚えてます。

    1人1日約8,000円ほどかかりました。
    それをふまえて、入院給付金はやはり1万円は欲しいところ。

    そして保障内容。
    万が一のために手術だけでなく、放射線治療や先進医療にも対応している保険。
    「一生涯の保険」すなわちボクがおじいちゃんになっても保障が続く。
    「今」は放射線治療など必要なさそうでも将来は…実際にうちの爺ちゃんの例もあったし。
    あと手術後の通院も保障してもらいたいし、けがでの通院も検討したい。

    ということで、特約も必要になります。
    と書くとけっこうな保険料になりそうですが、毎月の支払は…



    ・医療保険のベース 4,342円/月

    ・先進医療特約 110円/月
    (先進医療の高額な技術料の自己負担分を補うための特約。ガン治療のための重粒子線治療など高額な自己負担に。*現在、重粒子線治療は1回約300万ほどかかると言われています)

    ・けがの特約 530円/月
    (入院の有無を問わずケガで通院したとき1日3,000円・骨折などのときは一時金5万円)



    よって 計 4,982円 となります。



    毎月上記の金額で一生涯の保障。
    保険料は保障内容を変更しなければ一生涯4,982円のままです


    高いか安いかは… アナタ次第。笑

    この金額をボクの日常の中で例えると…
    友人との飲み、1軒分。(1日ではなく、1軒…)
    2次会、3次会を我慢すればまかなえます。(それは我慢しませんが…)


    保険料は加入年齢が低ければ、毎月支払う保険料も当然安いです。
    お誕生日が近い方、検討されるならお誕生日前に!!


    と、こんな説明で伝わりましたでしょうか?
    もっと詳細を知りたい方はお気軽に聞いてくださいね。
    (ガッツり営業はしませんので、ご心配なく。笑)


    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック


    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM