<< 夏だね。 | main | ヒトのココロ。 >>
2011.07.31 Sunday

マイナス100度の太陽みたいに

0

    身体(カラダ)を湿らす恋をして…

    --

    中2からこの曲の虜です。
    その頃、まだ本当には理解していなかっただろうけど、メロディと雰囲気に惚れました。


    忘れられない夏、ヒトを歌った曲。



    「涙があふれる悲しい季節は 誰かに抱かれた夢を見る」

    この始まりだけでもう…( ;_;)


    「四六時中も好きと言って 夢の中へ連れて行って… 愛をそのままに」

    ここはもう…


    「マイナス100度の太陽みたいに 身体を湿らす恋をして」

    こんな恋… 


    「遠く離れても黄昏時は 熱い面影が胸に迫る」

    忘れられないんだよ…( T_T)



    そしてここでしょ…

    「こんな夜は涙見せずに また逢えるといって欲しい…」



    ( ;O;) 


    ボクの中でこの曲を超えるものはない。




    みなさん、夏ですよ。


    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック


    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM